西輝庵の製作体験は、御朱印帳製作と紺紙写経製作。
原則として「土曜日」にやっています。
1週間程度前にご予約下さい。ご予約は、お申込み・お問合せのメールフォームをお使いください。
御朱印帳
紺紙金泥写経
使い古しの大学ノートを使った和綴じ帳作り
家の本棚に残っている「使い古しで白紙ページのあるA4ノート」を利用した製作体験です。
工房で和紙を2枚染めて、和綴じノートを作ります。
2枚染めたところ 表紙づくり 綴じているところ 魅力的
この和綴じ帳作りは板野町消費生活相談所のエシカル消費推進活動とのコラボによるワークショップ活動でも行っています。
徳島県庁には消費者庁の消費者行政新未来創造オフィスがあり、板野町は徳島県版のエシカル消費特区となっています。
Saai dye studioは、藍すくもの文化を残したいとの思いが町とのコラボ活動になりました。上はその時の写真です。
お一人様一冊分:¥1、000(税別)
※このワークショップには使い古しのA4ノートをご持参ください。
お申込み・お問い合わせは こちら から。
御朱印帳 三〇頁版
総てに和紙を使い内容量30頁の御朱印帳を製作します。
御朱印帳として使わなくても大丈夫です。
ページ数を抑えた御朱印帳三〇頁版は、小学生のお子様でも作る事ができます。是非チャレンジしてみてください。
なおこちらの製作体験は、通常、土曜日の午後1時からです。持参していただくものはありません。
販売している御朱印帳より製作体験の方が、若干お値段が高くなっております。お間違いのないようにお願いいたします。
お一人様一冊分:¥3、00(税別)
お申込み・お問い合わせは こちら から。
御朱印帳 一〇〇頁版
一〇〇頁の御朱印帳です。三〇頁版の経験者に限らせていただきます。
20mm厚の和綴じ作りはかなり難しい 折り染めで濃紺はできません 希望者には西輝庵スタンプを押します
完全予約制です。
10時から開始して、表紙用の染めを終わらせてから、お昼休みを取ります。
なお、お昼ご飯は料金に含まれておりません。
4時から5時までには完成できるように頑張りましょう。
お一人様一冊分:¥10、000(税別)
お申込み・お問い合わせは こちら から。
およそA4サイズの和紙を染め、金の界線を引いていただきます。
特に曜日は決めていませんが、午後1時から開始になります。
お早目に予定日をお問合せ頂き、ご予約をお願いいたします。
界線を引く道具 完成品
紺紙経とは
浄土の七宝(金・銀・瑠璃・玻璃・蝦蛄・珊瑚・瑪瑙または金・銀・瑠璃・玻璃・蝦蛄・真珠・瑰瑰)の色をもって、仏教経典を荘厳(飾る)する目的で、藍で染められた紺紙に金・銀などで字を書写していったもの。非常に功徳の高いものと考えられていたらしく、古くは奈良時代から「紺紙経」は作られており、写経は国家事業であった。平安時代以降は、貴族や豪族・武士のような特定の権力者や富裕層達によって、盛んに行われる。国宝指定の中尊寺経や平家納経は、あまりにも有名。
一枚製作:¥1、500(税別)
お申込み・お問い合わせは こちら から。
copyright(c)2010 Saai dye studio all rights reserved.