Saai dye studio
 エ シ カ ル 消 費 自 主 宣 言

日本の宝であり徳島の誇り 世界最後の醗酵染料であり人類の大いなる遺産 「藍すくも」
この藍すくもだけが持つ 時に豊かで 時に美しい色を守るため 藍すくもとお酒、灰汁、石灰を使い
 自然と親密な染色方法を利用し 商品を作り販売しています
ただ お金儲けすることを最優先にするのではなく 「藍すくも」が私達やその先祖にもたらしてくれた 
藍すくもの恩恵・歴史・文化について 色々な方法を模索し 伝える活動を行っています

また現代の 衣服等の染色問題について 今一度 考えてもらうためのきっかけになりたいと考えます
知ることは 変えることにつながる と信じて
次の さらに 未来の子供たちまでも 美しく豊かな世界を残していくために
Saai dye studioの活動紹介
学校関連のワークショップ
板野西幼稚園
〇生葉の藍染め
娘が入園した平成24年に、園児を藍染体験に招待ことが始まりです。
平成29年の丹崎園長就任以降は、ボランティアの父兄の皆さんと共に、種まき(定植)から染色までのすべてを行っています。
放課後こども教室
〇生葉の藍染
★灰汁発酵建染め
H27年 板野西小学生向け(1日)
異例の「保護者と参加してもらう夏休みのワークショップ」として開始

H28年 板野東小学校向け(1 日)
※H29年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰を板野町がいただいています
 
H29年 板野町内全小学校向け(午前のみで3日間)
    ※この年から板野町消費生活相談所が参加

H30年 板野町内全小学校向け(まる1日と半日分)
    ※ふるさと工房さんがお昼ご飯に板野町産野菜
     をたくさん使ったカレーを作ってくれました。
板野西小学校
〇生葉の藍染
平成30年 5年生の総合学習授業
1回目の6月の授業では、少し大きく育った藍の苗を畑に定植(植え替える)を行い、戦後も藍作(藍栽培)を行われていた板野町のお年寄りから聞いた、藍の定植方法をお話しました。
2回目の7月の授業では、育てた藍を刈り取って生葉の藍染を行い、藍すくもの必要性、犬伏久助の偉業についてのお話もしました。
その他の染色ワークショップ
7月24日藍の日
★灰汁発酵建て藍染
藍染和紙の表紙を作り和綴帳を作るワークショップを行いました。
板野町の色を発見@
にんじん
春夏人参の出荷量が日本一の板野町。廃棄される大量の人参葉で、美しい黄色染めストールを製作。
板野町の色を発見A
なす
茄子の漬物もたくさん製造されています。
犬伏商店さんのご協力により、廃棄する茄子のヘタで染めたストールを製作。
農 業
藍の栽培・出荷 6アール程度の藍を栽培。
農薬は不使用。有機肥料と化成肥料を併用。
老舗藍商の武知家(青藍庭)に出荷。藍すくもに加工されたものを購入。
上記のSaai dye studioの活動紹介をまとめたものはこちら
補 足
生葉の藍染は、葉と茎を選別せずにミキサーですりつぶした液を濾した液で染める事もできます。また、コットンを染めるよりシルクを染めるほうがよく染まります。
Saai dye studioがそのような方法を採用しないことにはいくつかの理由があります。

一、良い色の藍スクモを作るためには、色のもとになっている葉と茎を選別する必要があります。
 →茎は非常に強い茶色を持っており、染め物に赤みが出やすくなるそうです。
二、染色には手間と時間がかかることを身をもって経験してもらう。
 →藍すくもはもっとたくさんの葉藍が必要なので、先人たちは知恵を絞って効率の良い方法を考えました。
三、特別な道具も特別な薬品も必要がないことを、青い手になって感じてもらいたいから。
 →手が青くなっても大丈夫ということは、人体に限りなく無害であるナチュラルな染色だから。

板野町エシカル消費宣言書 製作納品させていただきました。平成三〇年春 納品


お問い合わせページへ